トップページ | 過去記事(月別カテゴリー別) | 掲示板 | 野良DEB,RPM | 更新チェック | Twitter
<<  2012.7  >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー
    Google

カテゴリー » 戯言 July 16, 2012

いつの間にかフランスファイブの新作が公開されていた

更新が途絶えたと思っていたフランスファイブ(Wikipedia)のエピソード5が完成していた!

ホームページに『最終話』と書いてあるけど、まだ続くんだよね??
11:28 pm | コメントする |

カテゴリー » Linux » Fedora July 14, 2012

yum-plugin-remove-with-leaves - 依存関係を考慮して削除 Fedora

最近のFedoraやCentOSには「yum-plugin-remove-with-leaves」というYumプラグインがあるのですね。
yum-plugin-remove-with-leaves

This extension removes unused dependencies which have been incorporated by an installation package that would otherwise not be removed. Helps maintain a system clean of libraries and unused packages.

This extension adds the following options to the remove command:

--leaves-exclude-bin
Do not remove leaf packages containing executable binaries.

--remove-leaves
Removes unneeded dependencies for other packages.

Fedora 14 Software Management Guide
普通に yum remove しても本体しか消してくれませんが、
$ sudo yum remove smplayer
削除中:
 smplayer        x86_64        0.8.0-2.fc17        @rpmfusion-free        8.8 M
トランザクションの要約
================================================================================
削除  1 パッケージ
yum-plugin-remove-with-leavesを使うと、Debian(Ubuntu)のapt-get autoremoveのように
$ sudo yum install yum-plugin-remove-with-leaves $ sudo yum remove --remove-leaves smplayer 依存性を解決しました ================================================================================ Package アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量 ================================================================================ 削除中: SDL x86_64 1.2.14-16.fc17 @fedora 465 k a52dec x86_64 0.7.4-16.fc17 @rpmfusion-free 122 k aalib-libs x86_64 1.4.0-0.20.rc5.fc17 @fedora 154 k faad2-libs x86_64 1:2.7-2.fc17 @rpmfusion-free 267 k ffmpeg-libs x86_64 0.10.4-1.fc17 @rpmfusion-free-updates 9.8 M freeglut x86_64 2.8.0-3.fc17 @fedora 628 k fribidi x86_64 0.19.2-4.fc17 @koji-override-0/$releasever 175 k gpm-libs x86_64 1.20.6-22.fc17 @fedora 27 k kde-filesystem x86_64 4-39.fc17 @fedora 3.7 k lame-libs x86_64 3.99.5-1.fc17 @rpmfusion-free 1.2 M libass x86_64 0.10.0-2.fc17 @koji-override-0/$releasever 112 k libbs2b x86_64 3.1.0-4.fc17 @fedora 52 k libcaca x86_64 0.99-0.14.beta17.fc17 @fedora 846 k libdc1394 x86_64 2.1.4-2.fc17 @koji-override-0/$releasever 329 k libdca x86_64 0.0.5-6.fc17 @rpmfusion-free 201 k libmng x86_64 1.0.10-6.fc17 @fedora 530 k libmpeg2 x86_64 0.5.1-9.fc17 @rpmfusion-free 179 k libmpg123 x86_64 1.13.7-1.fc17 @rpmfusion-free 417 k librtmp x86_64 2.4-0.2.20110811gitc58cfb3e.fc17 @rpmfusion-free 132 k libva x86_64 1.0.15-2.fc17 @fedora 151 k lirc-libs x86_64 0.9.0-8.fc17 @fedora 44 k mplayer x86_64 1.0-0.140.20120205svn.fc17 @rpmfusion-free-updates 3.2 M mplayer-common x86_64 1.0-0.140.20120205svn.fc17 @rpmfusion-free-updates 1.3 M openal-soft x86_64 1.14-2.fc17 @updates 402 k qt x86_64 1:4.8.2-2.fc17 @updates 16 M qt-settings noarch 4.8-16.fc17 @updates 1.8 k qt-x11 x86_64 1:4.8.2-2.fc17 @updates 33 M qtlockedfile x86_64 2.4-4.fc17 @fedora 73 k qtsingleapplication x86_64 2.6.1-6.fc17 @fedora 98 k quazip x86_64 0.4.4-1.fc17 @fedora 122 k schroedinger x86_64 1.0.11-1.fc17 @koji-override-0/$releasever 902 k smplayer x86_64 0.8.0-2.fc17 @rpmfusion-free 8.8 M x264-libs x86_64 0.120-5.20120303.fc17 @rpmfusion-free 836 k xvidcore x86_64 1.3.2-3.fc17 @rpmfusion-free 922 k トランザクションの要約 ================================================================================ 削除 34 パッケージ
不要になると思われるパッケージも一緒に削除してくれます。

あまり神経質になるのもどうかと思いますけど、孤立パッケージを表示するコマンド「package-cleanup --leaves」や「rpmorphan」と組み合わせて使うと効果的ですね。
12:37 am

上の記事に対するコメントです

1. こで@なごみ大明神 (Website)  2012/07/15 12:47
おぉ、これはいいですね!
なるほど便利だ入れておこう。

2. Owner CommentSawa  2012/07/16 23:34
知らない間にyumのプラグインが増えていて驚きました。
yumって、aptと比べてあまり良い印象がなかったのですが、見方が変わった今日この頃です。

3. けんけん (Website)  2012/07/27 08:08
それでも、削除は怖いチキンですw

コメントする |

カテゴリー » Linux » ソフト紹介 July 10, 2012

MenuLibre - UbuntuのUnityに対応したメニューエディター Linux

http://www.smdavis.us/projects/menulibre/

各デスクトップ環境のランチャーメニューを編集するソフトです。
Unityランチャーに登録した際のクイックリスト(右クリックメニュー)の設定もできます。
11:18 pm | コメントする |

カテゴリー » Linux » Ubuntu July 09, 2012

ウィンドウのリサイズに苦労する日々(Xubuntu 12.04) Ubuntu

ウィンドウの四隅にマウスを移動すると、大きさを変更する状態になりますよね。
Xubuntu 12.04上で動くGTK2アプリは、マウスポインタがこの形になる箇所の判定が妙にシビアなんです。上側の角は画像のように普通ですけど、下側は認識する範囲が1ドットくらいしかありません。

検索したら、XubuntuのサイトにWindow resizing in Xubuntu (and Xfce)というページを見つけました。本家Ubuntuのパッチが原因なのかな? 問題の回避策として「Alt+右クリック」「Alt+F8」「上の角を使う」「ウィンドウメニュー」の方法を挙げています。

うーん、デスクトップ環境を変えようかな…
11:51 pm

上の記事に対するコメントです

1. 隆作  2012/07/10 15:08
あれ? テーマを変えてもダメなんですか?

自分も枠は重要で、GNOMEテーマも枠があるものを基準に選んでます。
枠無しは見ため美しいんですけどね。

2. Owner CommentSawa  2012/07/10 21:03
おおお、変更したら普通になりました。感謝します。

その…ブログを書く前にCratos-Lion(http://sourceforge.net/projects/cratoslion/)というテーマに変えてみたのですが、変化無しだったので、ほかのも同じだろーっと思ってしまいました。

コメントする |

カテゴリー » Linux July 07, 2012

mikutterのインストールパッケージを作ってみた(Ubuntu、Fedora) Linux

至高のTwitterクライアント“mikutter”を久しぶりにアップデートしようと思って、かおりんさんのPPAリポジトリを覗いてみたら、mikutterが無くなっているじゃないですか。deb化するのをおやめになったのですね。私は何でもパッケージでインストールしたい人間なので、ちょっと困りました。

ないものねだりしても詮無きことです。自分で作って対処。
IKOINOBA repository
(ついでにFedora用のrpmも置きました)

Rubyスクリプトのmikutterをパッケージ管理する必要があるのか? と思わなくもないですが…debだとアンインストールする時に、依存関係で入ったライブラリ等も一緒に削除できるのが嬉しいんだよね。
$ sudo apt-get autoremove --purge mikutter
以下のパッケージは「削除」されます:
  libreadline5* libruby1.8* libruby1.9.1* libyaml-0-2* mikutter* ruby-atk*
  ruby-cairo* ruby-gdk-pixbuf2* ruby-glib2* ruby-gtk2* ruby-pango* ruby1.9.1*
※ yumコマンドって、これと同じことできるの?
手動で消せばいいだけなんだけど…
09:48 pm

上の記事に対するコメントです

1. かおりん  2012/07/07 23:33
ちょっとバージョン番号とか合わなくなってきたので、消しました。
ついで言うと、過去バージョン向けの管理と動作確認が面倒になってきたのと。苦笑

Rubyのデフォルトが1.8で、postinstallで1.9を指すように変更しないと動かないんですよね…
んで、Ubuntuの過去バージョンだと、Ruby1.9がなかったり。
#具体的には、RubyGTKのバージョンが古い。

とまあ、そんな事情もあり、削除しました。
あと、みくった~♪の公式だかにdebパッケージがあったようなので、まあ、それがあるならいいかーと。
んでも、あれバージョン古いのかね。
いずれ、作者と打ち合わせて復帰するつもりでいましたが。

2. NONAME  2012/07/08 11:58
yum なら yum-plugin-remove-with-leaves を入れて
yum remove --remove-leaves です

3. Owner CommentSawa  2012/07/08 18:10
> かおりんさん
http://kaoru-linux.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/ppa-165f.html
http://kaoru-linux.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/ppamikutter-9ac.html
を見ていたので、ある程度予想していましたが、
やっぱ、いろいろ問題があったのですね。

> Rubyのデフォルトが1.8で、postinstallで1.9を指すように変更しないと動かないんですよね…
> んで、Ubuntuの過去バージョンだと、Ruby1.9がなかったり。
> #具体的には、RubyGTKのバージョンが古い。
私の場合、Ubuntu 11.10より前の環境を無視して、なおかつ、ブログ記事の一言
「#ランチャやスクリプト側で対処って方法もあったかも知れんなぁ」
の方法でdebを作りました^^

> いずれ、作者と打ち合わせて復帰するつもりでいましたが。
そうなんですか!

> 名無しさん
> yum-plugin-remove-with-leaves
知りませんでした。情報ありがとうございます。

コメントする |

累計:436357、今日:2381、昨日:1927
Created in 0.0275 sec.