トップページ | 過去記事(月別カテゴリー別) | 掲示板 | 野良DEB,RPM | 更新チェック | Twitter
<<  2017.11 >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー
    Google

カテゴリー » Linux » Fedora July 14, 2012

yum-plugin-remove-with-leaves - 依存関係を考慮して削除 Fedora

最近のFedoraやCentOSには「yum-plugin-remove-with-leaves」というYumプラグインがあるのですね。
yum-plugin-remove-with-leaves

This extension removes unused dependencies which have been incorporated by an installation package that would otherwise not be removed. Helps maintain a system clean of libraries and unused packages.

This extension adds the following options to the remove command:

--leaves-exclude-bin
Do not remove leaf packages containing executable binaries.

--remove-leaves
Removes unneeded dependencies for other packages.

Fedora 14 Software Management Guide
普通に yum remove しても本体しか消してくれませんが、
$ sudo yum remove smplayer
削除中:
 smplayer        x86_64        0.8.0-2.fc17        @rpmfusion-free        8.8 M
トランザクションの要約
================================================================================
削除  1 パッケージ
yum-plugin-remove-with-leavesを使うと、Debian(Ubuntu)のapt-get autoremoveのように
$ sudo yum install yum-plugin-remove-with-leaves $ sudo yum remove --remove-leaves smplayer 依存性を解決しました ================================================================================ Package アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量 ================================================================================ 削除中: SDL x86_64 1.2.14-16.fc17 @fedora 465 k a52dec x86_64 0.7.4-16.fc17 @rpmfusion-free 122 k aalib-libs x86_64 1.4.0-0.20.rc5.fc17 @fedora 154 k faad2-libs x86_64 1:2.7-2.fc17 @rpmfusion-free 267 k ffmpeg-libs x86_64 0.10.4-1.fc17 @rpmfusion-free-updates 9.8 M freeglut x86_64 2.8.0-3.fc17 @fedora 628 k fribidi x86_64 0.19.2-4.fc17 @koji-override-0/$releasever 175 k gpm-libs x86_64 1.20.6-22.fc17 @fedora 27 k kde-filesystem x86_64 4-39.fc17 @fedora 3.7 k lame-libs x86_64 3.99.5-1.fc17 @rpmfusion-free 1.2 M libass x86_64 0.10.0-2.fc17 @koji-override-0/$releasever 112 k libbs2b x86_64 3.1.0-4.fc17 @fedora 52 k libcaca x86_64 0.99-0.14.beta17.fc17 @fedora 846 k libdc1394 x86_64 2.1.4-2.fc17 @koji-override-0/$releasever 329 k libdca x86_64 0.0.5-6.fc17 @rpmfusion-free 201 k libmng x86_64 1.0.10-6.fc17 @fedora 530 k libmpeg2 x86_64 0.5.1-9.fc17 @rpmfusion-free 179 k libmpg123 x86_64 1.13.7-1.fc17 @rpmfusion-free 417 k librtmp x86_64 2.4-0.2.20110811gitc58cfb3e.fc17 @rpmfusion-free 132 k libva x86_64 1.0.15-2.fc17 @fedora 151 k lirc-libs x86_64 0.9.0-8.fc17 @fedora 44 k mplayer x86_64 1.0-0.140.20120205svn.fc17 @rpmfusion-free-updates 3.2 M mplayer-common x86_64 1.0-0.140.20120205svn.fc17 @rpmfusion-free-updates 1.3 M openal-soft x86_64 1.14-2.fc17 @updates 402 k qt x86_64 1:4.8.2-2.fc17 @updates 16 M qt-settings noarch 4.8-16.fc17 @updates 1.8 k qt-x11 x86_64 1:4.8.2-2.fc17 @updates 33 M qtlockedfile x86_64 2.4-4.fc17 @fedora 73 k qtsingleapplication x86_64 2.6.1-6.fc17 @fedora 98 k quazip x86_64 0.4.4-1.fc17 @fedora 122 k schroedinger x86_64 1.0.11-1.fc17 @koji-override-0/$releasever 902 k smplayer x86_64 0.8.0-2.fc17 @rpmfusion-free 8.8 M x264-libs x86_64 0.120-5.20120303.fc17 @rpmfusion-free 836 k xvidcore x86_64 1.3.2-3.fc17 @rpmfusion-free 922 k トランザクションの要約 ================================================================================ 削除 34 パッケージ
不要になると思われるパッケージも一緒に削除してくれます。

あまり神経質になるのもどうかと思いますけど、孤立パッケージを表示するコマンド「package-cleanup --leaves」や「rpmorphan」と組み合わせて使うと効果的ですね。
12:37 am

上の記事に対するコメントです

1. こで@なごみ大明神 (Website)  2012/07/15 12:47
おぉ、これはいいですね!
なるほど便利だ入れておこう。

2. Owner CommentSawa  2012/07/16 23:34
知らない間にyumのプラグインが増えていて驚きました。
yumって、aptと比べてあまり良い印象がなかったのですが、見方が変わった今日この頃です。

3. けんけん (Website)  2012/07/27 08:08
それでも、削除は怖いチキンですw

コメントする |

カテゴリー » Linux » Fedora June 14, 2012

Fedora 17の野良リポジトリを作ってみた Fedora

数は少ないですが…まあ、テキトーにね。
パッケージの簡単な説明
checkinstall
ソースからmake installする際に、自動でパッケージ化してインストールします。
lha
lzhファイルの解凍・圧縮
mozc
日本語入力
psd-pixbuf-loader
Photoshop(psd)の画像を表示できるようにするライブラリです。画像ビューア(Eye of GNOME)で開く関連付け設定も入れました。GNOME以外の人にとっては大きなお世話。
qjoypad
ジョイスティック・ゲームパッドにキーボード・マウスの入力を割り当てます。
smillaenlarger
画像を綺麗に拡大
syncwall
壁紙チェンジャー
Ubuntu-JPのunzip
Windowsで作ったzipファイルを文字化けせずに解凍できます。バージョンが6.0になっていますけど、実際の中身は5.52です。6.0用のパッチを作ってくれている人もいるのですが、file-rollerの表示が変になるので見送りました。
moeclock
デスクトップアクセサリー
pdumpfs
差分バックアップコマンドです。rsync --link-dest を使ってもいいんだけどね。
xbrightness-rgbgamma
明るさとガンマの調整ツール
xcf-pixbuf-loader
GIMP(xcf)の画像を表示できるようにするライブラリです。公式パッケージの不具合を修正し、ついでに画像ビューア(Eye of GNOME)で開く関連付け設定も入れました。GNOME以外の人にとっては大きなお世話。
file-roller
p7zipよりもunzipを優先的に使用するようにしました。
11:52 pm

上の記事に対するコメントです

1. NONAME  2013/01/19 16:44
qjoypadですがfedora17からはqjoypadが使うjoydev.koがkernelに含まれず、kernel-modules-extraに移動しているため、qjoypadをインストールしただけではゲームパッドを認識できません。
ですのでkernel-modules-extraも一緒にインストールされるようにしてくださると助かります。

2. Owner CommentSawa  2013/01/19 21:51
報告ありがとうございます。

★joydev module not included in Fedora 17
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=815168

QJoyPad(というかFedora)でコントローラーを使うには kernel-modules-extra が必要なのですね。

RPMの動作確認をした時に、「動かない? /dev/input/js0 が無いぞ?」と
私も疑問に思ったのですが、調べるのを忘れていました(^_^;)

3. NONAME  2013/01/22 19:18
早速有り難うございました。
これで再インストールした時にkernel-modules-extraが必要という事を忘れていても悩まずに済みます。

4. ちいさいおおかみ  2014/10/11 07:30
初次見面。
Fedora18にqjoypadをインストールしようとして野良リポジトリを一寸覗こうとした所、ファイルが存在していませんでした。
現在このファイル群を入手出来るリポジトリファイルはイカにして入手すれば良いのでしょうか?

コメントする |

カテゴリー » Linux » Fedora June 12, 2012

Fedora 17(kernel 3.4.0) で VMware Player 4.0.3/VMware Workstation 8.0.3 を使う Fedora

・ホストOSの場合
モジュールのビルドに失敗しますね。Weltall's blogのパッチを当てます。
$ curl -O http://weltall.heliohost.org/wordpress/wp-content/uploads/2012/04/vmware802fixlinux340.tar.gz 
$ tar xf vmware802fixlinux340.tar.gz
$ sed -i '1,10s/0\.2/0.3/' patch-modules_3.4.0.sh
$ sudo ./patch-modules_3.4.0.sh

・ゲストOSの場合
VMware Toolsをインストールしようとすると、vmhgfsとvmxnetがエラーを吐きます。
vmhgfsは簡単に直せました。
$ su
# cd /usr/lib/vmware-tools/modules/source/
# tar xf vmhgfs.tar
# sed -i 's/d_alloc_root/d_make_root/' vmhgfs-only/filesystem.c
# tar cf vmhgfs.tar vmhgfs-only
# vmware-config-tools.pl
これで共有フォルダが有効になります。
vmxnetも少しの修正で直せる?


≪追記≫
Ver-4.0.4(8.0.4)がリリースされましたが、同じ作業が必要なようです。
09:06 pm

上の記事に対するコメントです

1. Shane  2012/07/06 02:01
Thanks for you sharing.
I encounter this problem for multi-versions,and solved in your way!

2. Owner CommentSawa  2012/07/06 06:04
It's my pleasure \(^o^)/

コメントする |

カテゴリー » Linux » Fedora February 08, 2012

Fedora 16(kernel-3.2.2) で VMware Player 4.0.2/VMware Workstation 8.0.2 を使う Fedora

・ホストOSの場合
パッチを当てないとインストールできないらしいです(私は動作未確認)

・ゲストOSの場合
リリースノートに「Fedora 16 is supported as a guest」とあるので安心していたのですが、VMware Toolsをインストールしようとすると
$ su
# yum install gcc kernel-devel-$(uname -r)
# ./vmware-install.pl
CC [M]  /tmp/vmware-root/modules/vmxnet-only/vmxnet.o
/tmp/vmware-root/modules/vmxnet-only/vmxnet.c: In function 'vmxnet_probe_device':
/tmp/vmware-root/modules/vmxnet-only/vmxnet.c:1008:7: error: unknown field 'ndo_set_multicast_list' specified in initializer
...
/tmp/vmware-root/modules/vmxnet-only/vmxnet.c:2599:48: error: incompatible types when assigning to type 'struct <anonymous>' from type 'struct page *'
make[2]: *** [/tmp/vmware-root/modules/vmxnet-only/vmxnet.o] Error 1
make[1]: *** [_module_/tmp/vmware-root/modules/vmxnet-only] Error 2
make[1]: Leaving directory `/usr/src/kernels/3.2.2-1.fc16.x86_64'
make: *** [vmxnet.ko] Error 2
vmxnetのビルドに失敗します。どうやら、公開後すぐにFedoraのカーネルがバージョンアップしてしまって、大嘘なリリースノートになっちゃったようです。

Gentooのopen-vm-toolsに当たっている fragsize.patch で修正できるっぽい。放置してもいいんだけどね。私はvmxnetが無くても困らない。
# yum install patch
# cd /usr/lib/vmware-tools/modules/source
# tar xf vmxnet.tar
# cd vmxnet-only/
# patch -p4 < fragsize.patch
# cd ..
# tar cf vmxnet.tar vmxnet-only
# vmware-config-tools.pl
12:02 am | コメントする |

カテゴリー » Linux » Fedora January 16, 2012

VMware Player 4.0.1/VMware Workstation 8.0.1 に Fedora 16 をインストールしたが、共有フォルダが有効にならない Fedora

VMwareは新しいカーネルに対応するのが遅いので、ツンツンなFedoraとの相性が悪いです。でも私のパソコンだとVirtualBoxよりVMwareの方が、はっきりと体感できるくらい軽いんだよね。

ゲストOSのFedora16(kernel-3.1.8)にVMware Toolsをインストールしても、共有フォルダ(/mnt/hgfs)が開かなくて困った困った。
$ su
# yum install gcc make kernel-devel-$(uname -r)
# ./vmware-install.pl
# ls /mnt/hgfs
→ 何も出ない

dmesgに怪しい文字列が…
# dmesg
[   25.521020] Process mount.vmhgfs (pid: 1145, threadinfo ffff88002839e000, tas
k ffff880034298000)
[   25.521020] Stack:
[   25.521020]  0000000000000000 ffffffffa017731c ffff88002839fd08 ffffffff81189b49
[   25.521020] Call Trace:
[   25.521020]  [<ffffffff81189b49>] d_alloc_name+0x79/0x90
[   25.521020]  [<ffffffffa017398a>] HgfsReadSuper+0x1ba/0x350 [vmhgfs]
[   25.521020] RIP  [<ffffffff81189a7f>] d_alloc+0xf/0x60
...
[   25.540285] ---[ end trace 50fe309e96e98f7d ]---
VMwareのフォーラムに修正パッチが投稿されていました。適用したファイルを置いておきます。
# cp /usr/lib/vmware-tools/modules/source/vmhgfs.tar{,.bak}
# curl -O http://dl.dropbox.com/u/431937/vmhgfs-528992.tar
# mv vmhgfs-528992.tar /usr/lib/vmware-tools/modules/source/vmhgfs.tar
# vmware-config-tools.pl
# reboot (必要ないかも?)
VMware Toolsを入れてもGNOME Shellは動きません。
12:06 am | コメントする |

累計:1070691、今日:1346、昨日:1304
Created in 0.0147 sec.