トップページ | 過去記事(月別カテゴリー別) | 掲示板 | 野良DEB,RPM | 更新チェック | Twitter
<<  2020.3  >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー
    Google

カテゴリー » Linux » Ubuntu October 27, 2012

Ubuntu 12.10 向けの野良リポジトリを作ってみた Ubuntu

少しdebパッケージを作りました → IKOINOBA APT repository
ソフトウェアセンターにIKOINOBAの項目が表示されない場合は、下のコマンドを実行してください。
$ sudo apt-get update
$ sudo update-apt-xapian-index -u

★リポジトリの簡単な説明
Ubuntuに元からあるパッケージを置き換えるもの
Google日本語入力のオープンソース版。最新バージョンを追いかけるつもり。Ubuntu標準の日本語入力システム「Anthy」の改良版。動作が軽いので、Mozcが重いと感じる場合はこちらの方がいいかもしれない。p7zip-fullをインストールしてもファイル名が文字化けしないようにしました。lzhの解凍に失敗することがあるのを修正。コマンドライン・ダウンロードマネージャー画像ビューア端末2chブラウザ。--with-migemo 付きでビルドしています。
新規パッケージ
Chromium派生のWebブラウザ。Google ChromeのFlashプラグインを認識する処理を入れています。みっくみくなTwitterクライアントゲームパッドにキーボード・マウスの入力を割り当てます。Unity上では使えない。ハードリンクを用いた差分バックアップコマンド。「ruby 1.9.2-p0に対応させてみた」の修正を加えています。rsync --link-dest を使ってもいいんだけどね。画像を綺麗に拡大壁紙チェンジャーワークスペース毎に壁紙を変更します。Unity未対応。画面の明るさ/ガンマ値を変えます。GIMP(xcf)・Photoshop(psd)の画像を表示できるようにするライブラリ。画像ビューア(Eye of GNOME)への関連付け設定も入れました。GNOME・Unity以外の人にとっては余計な世話。
11:55 pm

上の記事に対するコメントです

1. NONAME  2012/10/28 12:31
初めまして。リポジトリ活用させて戴いています。
aria2ですが、既にppaにリポジトリがあります。
“Aria2 devels”team Tatsuhiro Tsujikawaさんという方が管理されています。

https://launchpad.net/~t-tujikawa/+archive/ppa

metalinkの最新版も置いてあります。
 またこの方はapt-metalinkの開発も行われています。

https://github.com/tatsuhiro-t/apt-metalink

 余談ですが、ext4やbtrfsで落ちたダウンロードパフォーマンスを改善するパッケージマネージャには上記の他にapt-fast(aria2かaxelを使用)、apt-proz(prozillaを使用)がありまして、apt-fastを使いましたが、確かに、早くなりました。

apt-fast
https://code.launchpad.net/~apt-fast/+archive/stable

apt-proz prozilla
https://launchpad.net/~tahutek-team/+archive/prozilla
乱筆乱文失礼しました。

2. NONAME  2012/10/28 13:28
追記
apt-proz prozillaは、こちらの方がいいですね。

https://launchpad.net/~tldm217/+archive/tahutek.net

3. NONAME  2012/10/28 22:11
Modified Anthyですが、そもそもライセンス上再配布ができないかもしれません。

UTUMIさんの作成したModified Anthy用辞書は、GPLのSKK辞書とクリエイティブコモンズライセンス(CC-BY-SA)のedictを含む複数のデータから辞書を作成しているようです。(ChangeLog.dictionary参照)
GPL由来であるため、この辞書(および作成されたバイナリ)はGPLで再配布される必要がありますが、一方でCC-BY-SA由来でもあるため、少なくともCC-BY-SA由来の部分はCC-BY-SAで再配布される必要があります。両方が同時に満たせない場合、ライセンスの条件が満たされていないことになります。ご参考までに。
http://sourceforge.jp/magazine/07/10/01/0116215/2

4. anonymous  2012/10/29 10:27
上のことが事実なら
Modified Anthyを採用してるVine LinuxとMomongaにも教えてあげた方がいいね。

5. anonymous  2012/10/29 10:27
もちろんUTUMI氏にもライセンスのことを言うべき

コメントする |

カテゴリー » Linux » Ubuntu October 23, 2012

Ubuntu 12.10(kernel-3.5.0? 3.5.5?) で VMware Player 5.0.0/VMware Workstation 9.0.0 Ubuntu

・ホストOSの場合
パッチを当てないとゲスト起動時にUbuntu12.10がクラッシュします。
$ sudo apt-get install linux-headers-$(uname -r)
$ chmod +x VMware-Workstation-9.0.0-812388.x86_64.bundle
$ sudo ./VMware-Workstation-9.0.0-812388.x86_64.bundle
$ wget http://communities.vmware.com/servlet/JiveServlet/download/2103172-94260/vmware9_kernel35_patch.tar.bz2 
$ tar xf vmware9_kernel35_patch.tar.bz2
$ cd vmware9_kernel3.5_patch
$ sudo ./patch-modules_3.5.0.sh
ほかにも lsb_release に関する不具合があるらしいです。
Ubuntu 12.10(Quantal Quetzal) リリースノート

(修正されました)
・ゲストOSの場合
普通にVMware Toolsをインストールすることができます。動作も問題ないっぽい。
$ sudo apt-get install linux-headers-$(uname -r)
$ tar xf /media/$USER/VMware\ Tools/VMwareTools-9.2.0-799703.tar.gz
$ cd vmware-tools-distrib
$ sudo ./vmware-install.pl
3Dが効かない環境だとUnityの動作がメチャメチャ重い。ほかのデスクトップ環境に変更したほうがいいと思います。
12:06 am

上の記事に対するコメントです

1. キャスケット  2012/12/12 02:55
はじめまして。キャスケットともうします。

おかげさまでtoolsを入れることができました。
バージョンはubuntu12.10の64bitです。

はじめはカーネルのパスがわからないと表示が出たので、
カーネルを調べてインストールを行ったのですがエラーが出てしまい、
諦めかけた時偶然こちらへたどり着きました。

linux-heders…のコマンドを実行したところエラーはなく、
インストール終了後に再起動したところtoolsが適用されました。
本当に助かりました。ありがとうございます。

2. Owner CommentSawa  2012/12/12 10:38
念のため「apt-get install linux-headers~」の行を書いておきましたが、
普通はやらなくても動くはず…あれ?

3. Owner CommentSawa  2012/12/12 10:42
どうやら、Ubuntu 12.10には間違ったカーネルのヘッダが導入されるバグがあるようです。
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/ubiquity/+bug/1068488

コメントする |

カテゴリー » Linux » Ubuntu October 21, 2012

タイトルバーのボタン配置を右側にする (Ubuntu 12.10) Ubuntu

ウィンドウを閉じる・最大化・最小化のボタンを右に移動するには
左にメニュー付き
$ gsettings set org.gnome.desktop.wm.preferences button-layout 'menu:minimize,maximize,close' 
メニューなし $ gsettings set org.gnome.desktop.wm.preferences button-layout ':minimize,maximize,close'
初期設定(左)に戻す $ gsettings reset org.gnome.desktop.wm.preferences button-layout
11:15 pm | コメントする |

カテゴリー » Linux » Ubuntu August 19, 2012

新規ファイルのパーミッション設定(umask)を変更する Ubuntu

Ubuntu 11.10から一般ユーザーのumaskが「002」になりました。新規作成したファイルに対し、自分だけでなくグループも書き込みが許可されます(グループといっても、所属しているのは自分だけですが)
$ umask
0002
$ touch aaa $ mkdir bbb $ ls -ld aaa bbb -rw-rw-r-- 1 sawa sawa 0 8月 18 23:35 aaa drwxrwxr-x 2 sawa sawa 4096 8月 18 23:35 bbb
このままでもいいのですが、ファイルのパーミッションが 664 だと何となく気持ち悪いんですよね。

umaskを「022」に変えてみます。
$ sudo vi /etc/pam.d/common-session
...
session optional			pam_umask.so umask=022
ほかにも色々なやり方がありますけど、たぶん上の方法が一番スマートじゃないかな。

一度ログアウトし、うまくいっているか確認。
$ umask
0022
$ touch ccc $ mkdir ddd $ ls -ld ccc ddd -rw-r--r-- 1 sawa sawa 0 8月 18 23:38 ccc drwxr-xr-x 2 sawa sawa 4096 8月 18 23:38 ddd
自分しか使わないパソコンなので、これでいいのだ。
01:17 am

上の記事に対するコメントです

1. またまた∞帰ってきた某所の匿名  2012/08/24 11:40
うーん
どうなんだろう?同一グループかつ異ユーザーの読み書きを認めないと困る場面は本当にないのかな?

2. Owner CommentSawa  2012/08/25 22:52
ご存知かも知れませんが、グループに書き込み権限が付くのは、
ユーザープライベートグループ(UPG)の状態で楽にファイル共有するための布石です。
http://goo.gl/lo64G
http://goo.gl/tAvHd

私のUbuntuの場合、自宅で一人しか使用者がいないので、
問題は起こらない…はずです。
UNIX的には umask=022 のほうが正当(?)ですし。

3. またまた∞帰ってきた某所の匿名  2012/08/26 23:20
その共有を仮想や別PCで一人で使ってるケースもあるからね。
サーバーとクライアントのユーザを別にしてるケースでは問題になりそうです。

4. Owner CommentSawa  2012/08/27 19:18
そうですね。

もっと言うと、ユーザー毎に自動でグループを作る環境で書き込み権限を消すのは、
意味が無いというかメリットが無いというか…

コメントする |

カテゴリー » Linux » Ubuntu August 07, 2012

Ubuntu の /etc/hosts に「127.0.1.1 ホスト名」という行があるのだが Ubuntu

Ubuntu(Debian)の /etc/hosts を見ると、変なローカルループバックアドレスが書かれていました。
$ cat /etc/hosts
127.0.0.1 localhost 127.0.1.1 ubuntu
なんなのこれ? 気持ち悪い、、、

検索してみるとこういう仕様なんですね…
(バグと言っている人もいますが)
11:55 pm | コメントする |

累計:499316、今日:1664、昨日:1557
Created in 0.0366 sec.