トップページ | 過去記事(月別カテゴリー別) | 掲示板 | 野良DEB,RPM | 更新チェック | Twitter
<<  2012.7  >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー
    Google

カテゴリー » Linux July 07, 2012

mikutterのインストールパッケージを作ってみた(Ubuntu、Fedora) Linux

至高のTwitterクライアント“mikutter”を久しぶりにアップデートしようと思って、かおりんさんのPPAリポジトリを覗いてみたら、mikutterが無くなっているじゃないですか。deb化するのをおやめになったのですね。私は何でもパッケージでインストールしたい人間なので、ちょっと困りました。

ないものねだりしても詮無きことです。自分で作って対処。
IKOINOBA repository
(ついでにFedora用のrpmも置きました)

Rubyスクリプトのmikutterをパッケージ管理する必要があるのか? と思わなくもないですが…debだとアンインストールする時に、依存関係で入ったライブラリ等も一緒に削除できるのが嬉しいんだよね。
$ sudo apt-get autoremove --purge mikutter
以下のパッケージは「削除」されます:
  libreadline5* libruby1.8* libruby1.9.1* libyaml-0-2* mikutter* ruby-atk*
  ruby-cairo* ruby-gdk-pixbuf2* ruby-glib2* ruby-gtk2* ruby-pango* ruby1.9.1*
※ yumコマンドって、これと同じことできるの?
手動で消せばいいだけなんだけど…
09:48 pm | コメントする |

上の記事に対するコメント

1. かおりん  2012/07/07 23:33
ちょっとバージョン番号とか合わなくなってきたので、消しました。
ついで言うと、過去バージョン向けの管理と動作確認が面倒になってきたのと。苦笑

Rubyのデフォルトが1.8で、postinstallで1.9を指すように変更しないと動かないんですよね…
んで、Ubuntuの過去バージョンだと、Ruby1.9がなかったり。
#具体的には、RubyGTKのバージョンが古い。

とまあ、そんな事情もあり、削除しました。
あと、みくった~♪の公式だかにdebパッケージがあったようなので、まあ、それがあるならいいかーと。
んでも、あれバージョン古いのかね。
いずれ、作者と打ち合わせて復帰するつもりでいましたが。

2. NONAME  2012/07/08 11:58
yum なら yum-plugin-remove-with-leaves を入れて
yum remove --remove-leaves です

3. Owner CommentSawa  2012/07/08 18:10
> かおりんさん
http://kaoru-linux.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/ppa-165f.html
http://kaoru-linux.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/ppamikutter-9ac.html
を見ていたので、ある程度予想していましたが、
やっぱ、いろいろ問題があったのですね。

> Rubyのデフォルトが1.8で、postinstallで1.9を指すように変更しないと動かないんですよね…
> んで、Ubuntuの過去バージョンだと、Ruby1.9がなかったり。
> #具体的には、RubyGTKのバージョンが古い。
私の場合、Ubuntu 11.10より前の環境を無視して、なおかつ、ブログ記事の一言
「#ランチャやスクリプト側で対処って方法もあったかも知れんなぁ」
の方法でdebを作りました^^

> いずれ、作者と打ち合わせて復帰するつもりでいましたが。
そうなんですか!

> 名無しさん
> yum-plugin-remove-with-leaves
知りませんでした。情報ありがとうございます。

コメントをどうぞ。名前とURLはオプションです。

Comment Form
NAME:
URL:
文字色:  

累計:143217、今日:90、昨日:1191
Created in 0.0117 sec.